もっと知って
ひゃくまん穀

シンボルマーク・ロゴデザインについてシンボルマーク・ロゴデザインについて

「ひゃくまん穀」の特徴である大きな米粒の中に、加賀百万石を象徴する「梅鉢紋」をシンプルにデザイン。石川県民が受け継いできた、加賀百万石の伝統・文化・誇りが米の中に息づいている様子を表す。名称とともに加賀百万石を連想させ、石川県の米であることをわかりやすく伝えるデザイン。

「ひゃくまん穀」ロゴ等を使用する場合は『「ひゃくまん穀」ロゴマーク等使用管理要綱』に基づき、事前に申請が必要です。
また、ロゴマーク等の使用方法については使用管理要綱内の『「ひゃくまん穀」ロゴマーク等使用マニュアル』に従って下さい。

【申請書提出先】
〒920-0383 金沢市古府一丁目220番地
米新品種「ひゃくまん穀」普及推進委員会 事務局
(JA全農いしかわ 米穀園芸部米穀課内)

精米袋デザインについて

「ひ・ゃ・く・ま・ん」のひらがなと大粒のお米をモチーフに、食べて満足している顔をデザイン。冷めても美味しく、大粒でふっくら食べごたえのある「ひゃくまん穀」を食べれば「百満足」する顔を表現。
赤い色の袋が目印です。